サポステの参加方法、利用方法について

スポンサードリンク

まずは電話で連絡

「サポステに参加をしてみたい。」
「まずは話を聞いてみたい。」
となりましたら、まずは電話で訪問したいサポステに連絡をしましょう。

本人でなくても大丈夫です。
ご家族の方でも大丈夫です。
また、先輩、後輩、友人が連絡をするケースも実際にありますので、ご家族以外の方が連絡をしても大丈夫です。
サポステによっては、「いつでもお越しください。」と言った感じでホームページに書かれている所もあるかも知れません。

でも、行ったタイミングでスタッフが別件対応中だった、なんてこともあり得ますよね。

お互いの時間を無駄にしないようにする為にも、事前に確認をしましょう。

参加するか、利用しないかをその場で決めなくていい

基本的にサポステのサービスは無料です。

個別に有料のサービスがある場合もあるかもしれませんが、受けたくないものはもちろん受ける必要はありません。自由に選択できます。

そして、就職をサポートするサービスは他にもあります。
ジョブカード、ハロトレ(職業訓練)、サポステの概要紹介
どのサービスが良いとか悪いとかではなくて、本人の状況に応じて効果的なサポートも変わってくるために、サポートの形式が色々あります。

ですので、話を聞いたり一回実際に参加をしてみたりして何が本人にとって良いのかを試してもらえればと思います。

最寄り以外のサポステを利用してもよい

サポステはNPO団体や社団法人など様々な団体が運営しています。
【地域若者サポートステーション】サポステネットとは
そのため、サポステによって受けられるサービスに多少のばらつきがあります。

東京や大阪など大都市圏の場合は複数のサポステが開かれており、自分の受けたいサービスが別サポステで受けられるのであれば利用するサポステそのものを変えても問題はありません。

まとめ

課題が一つであれば、対応方法も一つで済むかもしれません。

課題が二つの場合は、対応方法も二つ必要かもしれません。

対応方法が複数あった方が良い場合、一ヵ所のサービスであらゆる対応を実現できるかと言われると現実的には困難ですよね。

サービスとして受けられないことに対してどう思うかよりも、受けられるサービスを楽しんで受けて、他のサービスが欲しくなったらそのサービスを受けられる所に行っていいんだという気持ちで行きましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

“応援ポチッとお願いします!