こんばんは

あなたは子供を作るとしたら
何人の子供を作りたいですか?

「一人暮らしが一番」と言う方もいるかと
思いますが10人以上の大家族もいますよね

エッチな感情は生き物として
自然な本能なのです

でも、その本能を理性で抑えることができないと
とんでもないことが起きてしまう場合もあります

今回はそんな子供の出産について
実際にあった出来事を紹介します

 

 

 

 

 

1937年5月 5歳7か月で出産した
ペルーのリナ・メディナ

世界最年少の出産の記録は、なんと5歳7か月で
出産したペルーのリナ・メディナさんです

1933年、彼女はペルーのアンデス地方
貧しい家庭で生まれました

5才になった頃リナが腹痛を訴え、お腹の膨らみに
気付いた母親は急いで病院に連れていきました。

お医者さんも最初は何かの腫瘍ができている
のではないかと思ったそうです。

しかし、検査を進めて行くと妊娠をしているという
衝撃の事実が判明しました

それから数週間後の5月14日、帝王切開で
体重2.7kgの元気な男の子を出産しました

思春期に初潮が来て、妊娠が可能となりますが
5歳で初潮が来ていたかどうかは分かりません

そして、当時5歳のリナさんを妊娠をさせたのは
いったい誰だったのでしょうか?

その後の調査で、実の父親が近親相姦罪で
逮捕されました

しかし、まだDNA鑑定などもない時代
証拠不十分でその後保釈されました

リナ自身も相手のことについて口にせず
真実はいまだ闇の中となっています

 

2006年 66歳で出産した
ギネス認定「世界最高齢の母」マリアさん

アメリカロサンゼルスの病院で
体外受精を受けたマリアさん

なぜかこの時自分の年齢を55歳と
偽っていたそうです

その後スペインで双子の男の子を出産し、
彼女は66歳358日になっていることが判明しました

年齢を偽ってまで授かった大切な命だったのですが
およそ2年半後に彼女はがんで他界してしまいました

彼女に対して「新しい命のために
限界を超えて頑張った」と言う人もいれば

「高齢出産は孤児になる可能性もあり、無責任だ」
と批判の声もありました

皆さんは66歳で出産したマリアさんを
どう思いますか?

 

69人の子供を出産した
ロシアのバレンティナ・ヴァッシュリーブさん

ギネス認定の最多出産記録は
69人もの子供を産んだ記録があります

1725年から1765年にかけて
27回出産され

その中で双子16組、三つ子7組、四つ子4組
の合計69人だそうです(単胎妊娠はゼロ)

単純計算で2年に1回以上のペースで
出産し続けたことになります

なんだかもう、どこから突っ込んでいいのか
分からないぐらいすごいですよね

そして、話はそれだけでは済まなかったようです

こんなに産むこととなった旦那はどんな男だと

気になった人もいると思います

この旦那、2番目の奥さんとも関係を持ち
何と18人もの子供をつくったそうです

つまりトータルで87人!!!

もう、、、本当に何と言うか

まずは、「好き」と言える人から
見つけたいです!

スポンサードリンク