こんにちは!

皆さん、ご当地PR動画をご覧になったことはありますでしょうか。

日本には47都道府県あり、各市町村となるとその何十倍もあります。

社会情勢や人口推移などによって市町村も合併などが起きます。ですので、市町村の数は変化をしていくのですが2017年で大体1700と覚えておいてください^^

2017年の「7」と1700の「7」を紐づけて覚えると覚えやすいかと思います。

それで、そんな役1700もある市町村を全部実際に行ってみた方はいますか?

いないことはないかもしれないですが、全部回るとなるともはや罰ゲームみたいですよね。

ですので、知らない市町村があっても不思議ではないです。

行ったことがない市町村があっても当然です。

でも、それって勿体ないことなんですよ。

例えば東京ディズニーランドとか大阪のUSJとか、人気もあるし行ってみたいと思う人がたくさんいると思います。

それらに比べると、エンターテイメントと言う点では勝てないかも知れません。

でも、全国の市町村がみんなエンターテイメントの分野で競う必要があるでしょうか。

その土地にはその土地の良さ、強味、特徴があるはずです。

それらを活かして、いかに魅力を知ってもらうか、それが重要なのではないでしょうか。

 

【ご当地PR動画】宮崎県小林市の「田舎女子高生」

 

宮崎県小林市は以前からご当地PR動画に力を入れています。

【ご当地PR動画】宮崎県-1

【ご当地PR動画】宮崎県-2

 

そんな宮崎県の小林氏市がステキなご当地PR動画を今回も作ってくれいました。

テーマは『田舎女子高生』です。

 

確かに東京と比べると小林市は田舎です。

東京でしか暮らしたことがない女子高生が小林市に行くとビビると思います。

「マジ卍!」って言うかも知れません。

そして、小林市でしか暮らしたことがない女子高生が東京に行くと、もっとビビると思います。

何て言うかは、、、分かりません>< 小林市の女子高生の方、教えてください!!

 

そんなリアルな想いも込められた【ご当地PR動画】宮崎県小林市の「田舎女子高生」をご覧ください。

 

この歌を歌っているのは地元小林市出身のアーティスト「NOBU」さんとのことです。

歌詞を作成したのは、小林秀峰高校のリアルな女子高生です。

ですので、本当に言葉に想いが込められています!!

 

まとめ

 

前半は田舎の女子高生が思う「いいトコなんてマジなんもねぇ」です。

これは小林市でなくても全国各地の田舎の女子高生が感じたことがあるのではないでしょうか。

でも、ひとついいとこがあるかも、、、

 

「でも田舎過ぎてマジでなんもねえ」

 

「いいトコなんてまだわかんねえ」

 

「当たり前すぎてマジ気づかねえ」

 

この歌詞もとてもいいメッセージですよね。小林市以外の人でも共感できたのではないでしょうか。

若いころには気が付けないことってたくさんあるんですよね。

でも、それを今回歌詞に入れられたのはとてもすごいことだと思います。

 

ご当地PR動画は、PRをすることが目的なので見てもらいたい人はご当地以外の人になりますよね。

でも、このご当地PR動画は小林市に住んでいる人、小林市に以前住んでいた人が一番グッと来るのではないでしょうか。

地域を盛り上げるのは簡単なことではなく、とても大変だと思います。

でも、こんな素敵なご当地PR動画を作成できる宮崎県小林市は一度足を運んでみたいなと思いました^^

 

みなさんも、いかがでしょうか?

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサードリンク