新社会人や新しい職場、新しい現場で仕事を始める人も多いこの季節。

仕事を覚えて一人前になっていくのによく使われる言葉があります。

それは『守破離』と言う言葉です。

 

でも、もうひとつの『しゅ は り』をご存知でしょうか?

 

『守破離』とは?

 

仕事を覚えて一人前になって行くのに、三つのステップがあります。

 

一つ目のステップは『守』

 

これは、先輩や上司から言われたことや指示されたことを守ることからスタートします。

まずは、教えてくれたことをしっかりと身につけましょうと言うことですね。

 

そして、二つ目のステップは『破』

 

これは、その守った型を自分なりにアレンジして自分にとってより良い型へバージョンアップさせます。

十人十色と言う言葉がある通り、一つの方法がすべての人に当てはまるとは限りませんよね。

自分にとって最適な方法を探すというのはとても重要なことです。

 

そして、三つ目のステップは『離』

 

これは、自分で新しく作って行ったり解決して行く段階になります。

時代も流れ、環境も変わり、普段使う道具も変わっていきます。

新しい物や新しいアイデアを取り入れて自分なりに仕事に取り組み、責任を取れるようになって一人前と言えるでしょう。

 

この様に三ステップの成長を表した言葉を守破離と呼んでいます。

 

社会で生きていくのに必要な『趣恥裏』

 

でも、社会で生きていくのって大変ですよね。

「会社を辞める」「転職をする」理由の常に上位にランキングされる理由は『職場での人間関係』です。

つまり、仕事ができるできないも重要ですが、周りの人との人間関係もとても重要なのです。

 

そこで、『守破離』になぞらえて、社会人に必要なもう一つのは『趣恥裏』です。

 

一つ目の『趣』は趣味の事。つまり「相手の好きなことや関心事は何か?」です。

 

「気が合う人」や「趣味が合う人」との会話って、盛り上がりやすいですよね。

共感しやすいし、自分にとっても好きな分野なので安心できますよね。

でも、自分と趣味が違う人がいたらどうしますか?

 

無視しますか?自分の興味がある話だけしますか?

 

相手の趣味や好きなことをあなたも同じく「好き」になる必要はありません。

でも、理解する努力は必要です。

人間関係の第一歩は、相手のことを理解しようとするところから始めてみましょう。

 

何でも良いんですよ

 

好きな食べ物は何ですか?
好きな芸能人は誰ですか?
好きな歴史上の人物は誰ですか?
旅行で行ってみたい場所はどこですか?
好きなテレビ番組は何ですか?
好きな音楽(歌手)は何ですか?(誰ですか?)
好きな漫画(アニメ)は何ですか?
好きなゲームは何ですか?
好きなスポーツは何ですか?

 

そして、
何でそれが好きになったのか、きっかけは何だったのか、今後やろうと思っていることはあるか、など
話を広げることはできますよね。

まずは、相手の『趣』を理解しましょう。

 

そして、二つ目は『恥』です。

 

皆さんも経験ありませんか?

『上から目線で言われて、マジムカつく!!』

 

時には意識的に、時には無意識に相手に不快な思いを抱かせる原因になります。

 

例えばあなたが遅刻をしたとします。

到着して「到着してすいませんでした!」と言ったのに

「遅刻なんて自己管理ができていない証拠だ!そんなんでまともな仕事ができると思ってんのか!!」

って言われたらどう思います?

 

遅刻して、マズイなって言われなくったって本人が一番わかってますよね。

もちろん遅刻したのが悪いのは正論ですが、これではいい気分になれないですよね。

そんな時に相手が「俺も遅刻したことはあるよ。一番ひどかったのは気が付いたらもうお昼回っていた時があってさ。その分周りに迷惑かけちゃったけど「すいません!遅れました!!」って必死の姿で謝ると許してくれたよ。遅れた分周りの人がやってくれていてありがたかったし、今度他の人が遅れたら自分が頑張ろうって思えたよ。」

って言ってくれたら、どう思います?

 

伝え方で伝わるメッセージと言うのは全然変わります。

自虐を入れることで、相手の心の壁が取れやすくなるので恥ずかしがらずに自分の自虐ネタを入れていきましょう!!

 

そして、三つめは『裏』です。

 

あなたは、思ったことを全て直ぐに言葉にしますか?

 

しませんよね。

相手もそうです。

 

言葉にしたことや表面上のしぐさにしていない事を裏に秘めています。

好きとか恋とかでもそうですが、いじめ、パワハラ、セクハラもそうですよね。

 

相手が本当はどう思っているんだろう?

今どんな気持ちなんだろう?

 

常に相手のことばかり考えてしまうと逆に疲れてしまいますので、気にしすぎは良くないです。

でも、何か違和感を感じた時には、言葉や表情に隠された裏側でどんなことを想っているんだろうと言うのも聞いてみましょう。

 

気にするだけだと、もやもやするばかりで何も解決しません。

「ゴメン。ちょっと言い過ぎた?」

「大丈夫?的外れなこと言っちゃっていた?」

などと言って相手の様子を伺いましょう。

 

一度相手の気持ちが離れると、その心の狭間を埋めるのは何倍も大変になります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

『社会人で必要な守破離(しゅはり)!もう一つ重要な『趣恥裏』とは?』をご紹介しました。

 

趣:相手の趣味や好きなことは何か、相手の気持ちを知ろう
恥:『自虐ネタ』自分の欠点を笑いに変えましょう
裏:言葉の裏、表情の裏にどんな気持ちが隠れているか確認しよう

 

の三つもぜひ頭の片隅に入れておいてもらえればと思います。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサードリンク