2018年3月31日京都高島屋でその事件が起こりました。

京都市の玩具メーカーが開発した「スーパードルフィー」と呼ばれる1体12万4200円(税込み)の精巧な人形が、100体限定で客1人2体までという条件で販売されました。

 

単純計算で少なくとも50人の人にはこの人形が手に入るという訳ですね。

午前10時の開店前には約200人の行列が出来ていたそうです。

 

そして、先頭から50人に店側は整理券を配布。

複数のブースに分かれて販売を開始したそうです。

 

しかし、1人の男性がその各ブースを回り50人分全ての代金をまとめて支払うと言う事をしたのです!!

 

 

スーパードルフィーを買い占めた男の顔や名前

 

先頭の中国人男性です。

 

椅子に座っているパーカーの人ですね。

 

ネット上は怒りのコメントで荒れています。

 

もちろん高島屋が悪い訳じゃないです。
ボークスが悪い訳じゃないです。

 

1人で100体買占めのために50人を準備をして、ルール上は確かにルール違反ではないのでその場では止められなかったのかも知れません。

 

でも、明らかに買占めと分かっている行動に対して、何も手を打てなかったことに対しての不満も募っています。

 

 

転売中国サイトについて

 

こちらのサイトをご覧ください。

https://item.taobao.com/item.htm?spm=a230r.1.14.54.61d97b04lOSnf2&id=564827708131&ns=1&abbucket=7#detail

日本円で1体約14万7000円で出品されています。
4月1日午後の時点で15件の交渉成立と言う表示になっていました。

 

ファンの人にとっては定価から数万の差なので出せる人もいるかも知れません。

でも、ダメです。

ここで手を出してしまうとますます転売屋の思う壺です。

買わないでください!!!

 

中国語の分かる人、このショップについて詳しく調べてください!!!

 

そして、何か詳細情報が分かれば共有してもらえるとありがたいです。

 

 

まとめ

 

日本人でこれをやっていたら確実に詳細を特定されて、フルボッコにされますよね。

いや、日本人でなくても同じ気持ちになるはずです。

それを無視して買占めができる中国人の恐ろしさが改めて分かりました。

 

高島屋さん、ボークスさん!!

 

何か対策を打っても、いたちごっこになるかも知れません。

でも、何か対策を打ってください。

 

このままでは、みんなの怒りが収まりません。

 

よろしくお願いします!!

スポンサードリンク