有吉ジャポン(3/24)に出演するゴールドエリカさんをご存知でしょうか?

 

圧倒的インフルエンサーとして、モデル業界で有名になっています。

でも、モデルの方はたくさんいますし、ツイッターやインスタ、フェイスブックなど情報発信をたくさんしている人もたくさんいます。

 

では、彼女が圧倒的インフルエンサーと言われる理由は何なのでしょうか?

他のモデルとは何が違うのでしょうか?

 

その人気の理由について迫っていきたいと思います!!

 

題して『ゴールドエリカ人気の理由は?生い立ちからファッションのルーツを探る!』です^^

 

 

ゴールドエリカのプロフィール

 

生年月日:1990年5月12日

出身地:中国

血液型:A型

スリーサイズ:B78/W55/H80

趣味:メイク、コーディネート研究

特技:中国語、韓国語、英語、日本語

 

 

さすがにモデルさんだけあって、スタイル抜群ですよね!

そしてキリッと整った顔立ちは一目見ると印象に残りますね!

 

そんな彼女は日本だけではなく中国でもモデルとして活動しています。

 

ちなみに、モデル業以外にも原宿のアパレルショップNADIAで働いています。

ですので、生ゴールドエリカを見たい人は、原宿に行くと運が良ければ出会えるかもしれません^^

 

 

ゴールドエリカがインフルエンサーとして人気の理由は?

 

現在、ゴールドエリカさんのインスタフォロワー数は6万3千人を超えています。

彼女の人気が高まる理由は何だったのでしょうか?

 

 

それは彼女の生い立ちにありました。

 

彼女は中国で生まれ、東京に来るようになった二十歳までを中国で過ごします。

しかし、彼女のお母さんは日本にいました。

 

その日本のお母さんは彼女のことを想って服などを送ってくれていました。

しかし、そのお母さんも独特のセンスがあり、『奇抜すぎる』『周囲に合わせられないのか』と言われ続けていたそうです。

 

自分が良いと思っていても周囲から全否定されると辛いですよね。

そんな窮屈でうっぷんが溜まる少女時代を過ごしていたそうです。

 

しかし、二十歳で東京に来ることになり、『自分の好きなものを着ていいんだ』と感じて、自由になる喜びを味わったそうです。

 

環境が変わるというのは、本当に人に大きな影響を与えますよね^^

 

そんな彼女のポリシーは「『ブランドや流行に関係なく、自分の好きなファッションで街を歩こうよ!』です。

 

ブランドや流行と言うのはその時の多くの人の思考を掴みます。

 

でも、それは誰かの考えや誰かのセンスに流されているだけじゃないの?

 

自分のセンスで自分の感覚で選んだものに自信を持とうよ!!

 

自己表現はもちろん相手があっての自己表現だけれども、その自己表現に自信を持って楽しんでいこうというのが彼女が支持される所以です。

 

 

ゴールドエリカのすっぴんからメイク、カラコン、タトゥーの画像

 

彼女のインスタからいろいろな写真をご紹介します。

 

GN SEOUL 굿나잇 서울

ゴールドエリカさん(@gold_erika)がシェアした投稿 –


自然なすっぴんですね^^

 


メイクがばっちり決まっています^^

 


ヘアカラーも決めています^^

 

 

#omighty #omweekend #nanananaofficial #golderikamakeup

ゴールドエリカさん(@gold_erika)がシェアした投稿 –


こちらはウィッグでしょう。しかし、絵になります^^

 


ワイヤレスよりメガネが気になりますね^^

 

 

Thank u @takashionozaka always

ゴールドエリカさん(@gold_erika)がシェアした投稿 –


カラコンそして、胸元のタトゥーが素敵です^^

 

 

New hairstyle #dreads

ゴールドエリカさん(@gold_erika)がシェアした投稿 –


タトゥー全体が確認できますね^^

 

 

まとめ

 

確かにゴールドエリカさんのファッションは個性的でしたね。

 

そして、完成度が高いです!!

 

ファッションを楽しむなら全力で楽しもうという気持ちがこちらにも伝わってきます。

適当でいいやって、手抜きをしていたらそれってやっぱりどこか見抜かれるんですよね。

 

逆に彼女の自己表現を楽しみたいという気持ちがしっかりと伝わるからこそ、彼女のファンになる人が増えているんだと思います。

 

「マウジー」などのブランド商品企画をしたり、メイクブランドを作ったり、ゴールドエリカさんの活動はもうすでにただのモデルの範囲を超えています。

彼女のように流行に乗るのではなく、流行を作る側になってみるのはいかがでしょうか。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサードリンク