激レアさんを連れてきた_2018年2月19日放送

 

毎回レアな体験をしている人を紹介してくれる「激レアさんを連れてきた」。

今回は、2人の激レアさんを紹介してくれました。

 

一人目は、竹馬でキリマンジャロを登頂した人

二人目は、中1になるまで朝ご飯の概念を知らなかった黒沢さんです。

 

いやー、タイトルを聞いただけで気になりますね。

 

そして、もう一つ気になるのが弘中アナウンサー。Mステなどでは真面目で清楚な雰囲気がありますが、この激レアさんでは結構はじけてくれています。今回は、どんなはじけっぷりを見せてくれるのかその点でも楽しみです。

 

 

竹馬でキリマンジャロ登頂した人

 

今回の激レアさんですが、なんとトレーニングのために、10kgの鉄下駄を履いていたそうです。スポ根漫画ならあり得るかも知れませんが、リアルに鉄下駄を履いている人がいたなんで信じられません。

 

しかも10kgです。弘中アナウンサーが作成した手作り模型を若林さんが履いて歩いてみようとしますが、まともに歩けませんでした。

 

そして、鉄の竹馬で富士山登頂を目指した激レアさん。

 

実際に登頂成功してしまいます。

しかも、一度も足をつかずに4時間25分です。

 

普通に上っても大変な富士山なのに、もはや常人の理解を超えています。

 

そんな中、いつもの通りボードを使って激レアさんを紹介する弘中アナウンサー。

 

「アカン!一度も足着かんと登りたいやんけ!」

激レアさんが京都出身ということで、京都弁で必死にセリフを読んだ弘中アナ。

しかし、激レアさんに修行が足りないと言われてしまいました。

 

もーその時の弘中アナが可愛い!!

本当に素の顔が見れて、好感が持てますよね。

 

今回はそれだけではなかったのです。

 

進行の途中で弘中アナがクイズを出しました。

そのクイズの答えを考える若林さんとゲストのお二人。

 

しかし、そこで若林さんは見逃しませんでした。

 

シンキングタイムを想定して、音楽が鳴っていないのに一人で踊りだす弘中アナ。

「私の中では鳴っていました」

「そんなの分かんないよ!!」

と若林さんにツッコまれ、激テレを見せてくれました。

 

 

今回の激レアさんもインパクトが強いのですが、違う意味でインパクトを残してくれた弘中アナでした。

 

そして、激レアさんはなんと鉄の竹馬でキリマンジャロに登頂したのです。

 

京都の弁慶

京都の牛若丸

そして、奇人、変人を経て最終的にリアル亀仙人となりました。

 

中1になるまで朝ご飯の概念を知らなかった黒沢さん

 

普段素人さんが座った椅子が回転して登場となるのですが、その椅子に普通に森三中の黒沢かずこさんが座っていました。

 

両親がパチンコに行っていて、朝ご飯と言う存在を知らなかったそうです。

小学生時代に唯一口にしたのがスポロンです。

 

そして、両親の謎行動が学校に新巻鮭を持って行かせて欠席をごまかそうとした。とのこと。

なぜ新巻鮭をチョイスしたのかが謎だし、そもそもなぜ欠席をごまかそうとしたのか、ツッコみどころ満載なのですがもう昔の話なので、深くはツッコめませんでした。

 

そして、ある日、黒沢さんがお母さんに朝ご飯が食べたいと言ったそうです。

するとお母さんが、「ばれた?」との一言。

 

分かっていて、朝ご飯食べさせていなかったんかい!!と、ネット上でも大荒れでした。

 

その後、スポロンの朝ご飯におにぎりが付くようになったそうですが、スポロンとおにぎりは合わないだろとここでもツッコみが入ります。

 

現在、そんな子供時代の反動で1日5食の生活。そして、夜中に8枚切りのパンをトーストして食べてしまうそうです。

 

 

Twitterの反応

 

まとめ

 

弘中アナが照れて、顔を隠してしまうシーンは弘中ファンでなくても可愛いと思ったと思います。

 

しかし、今日の二人はインパクトが強かったですね。

 

知らずに聞いたら、「そんなの漫画でもあり得ねえよ」と言いたくなる鉄の竹馬仙人。

 

今は明るく話してくれていますが、とても明るく話せる内容ではない黒沢さんの子供時代のエピソード。

 

今後も、どんな激レアさんが登場するのか期待が高鳴ります。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク