スポンサードリンク

動画Σジョブチューン マクドナルド&人気飲食店&大ヒット食品3時間SP

スポンサードリンク

ドナルド・マクドナルド

ドナルド・マクドナルドは1963年、マクドナルドのキャラクターとして登場した。アメリカで誕生したマスコットキャラ、ドナルド・マクドナルドは「日本語を普通に喋る」とぶっちゃけた。設楽統は、最近マクドナルドのCMにドナルドがあまり出ていないのはなぜかと聞いた。ドナルドは、やばいことをしたわけではないと話した。ドナルドはマクドナルドは色んな国にあるため、各国の言葉が喋れると話した。ドナルドは、お店でショーをすることがあるという。

ハンバーガー
マクドナルドの日本国内の売上は年間3765億円。マクドナルドのメニューマネジメント部・若菜重明は、マクドナルドのハンバーガーの肉は世間で様々な噂があるが「正真正銘100%ビーフ」だとぶっちゃけた。若菜は牛肉の産地はオーストラリアやニュージランドだと話した。

スタジオにはマクドナルドへの疑問が寄せられたパネルが登場した。設楽は「フィレオフィッシュの魚は得体のしれない魚?」という質問を選択した。若菜はアラスカ沖で撮れたアラスカ産のスケソウダラを使用していると話した。土田は「バンズが腐らないって本当?」という質問を選択した。若菜は、ちゃんと管理をしなければ腐るしカビも生える、賞味期限は製造日から約3~5日だと話した。日村は「卵は人工的に作ったヤバイもの?」という質問を選択した。若菜は安全検査を受けて合格した国内産の新鮮な卵を使用していると話した。

石塚は「ハンバーガーを作り置きしている?」という質問を選択した。若菜は注文を受けてからハンバーガーを作る「メイド・フォー・ユー」というシステムを採用しているが、調理工程を工夫して約30秒~50秒でハンバーガーを出せると述べた。柴田は「ハンバーガー100円で儲けはある?」という質問を選択した。PR部の長谷川崇は、ハンバーガーとチーズバーガーはお客様にとって一番身近な看板商品のため、 お求めやすい価格にしていると話した。日村がダブルチーズバーガーはチーズバーガーを2個買った方が安いと話すと、長谷川は、味のバランスが異なっていると話した。

キニシスギくんが登場した。キニシスギくんが塩・胡椒の味付けはしているかと尋ねると、小山郁は一切使用していないと話した。店舗に届いたビーフパティはグリルで両面を38秒加熱し、塩と胡椒で味付けし、85度のキャビネットで保温される。美味しさが保てる15分間でタイマーが鳴るようにセットされていて、時間が過ぎたものは廃棄処分される。また、調理台も50度前後に設定されていて冷めないようになっている。

この後、フィレオフィッシュを作っているタイの製造工場に潜入!

タイの工場では四角い怪しい塊が出てきた。小山はそれはスケソウダラだとして、切り身を1枚1枚重ねて凍結させたものだと話した。工場では1日に8万匹のスケソウダラを加工していて、皮をむく工程はマイナス40度に凍らせたローラーで行っている。店舗に届いたスケソウダラは、冷凍のまま182度の油のフライヤーで3分間揚げる。そしてバンズで挟む際、ハンバーガーと違い、蒸す。

マックフライポテト
ブランドコミュニケーション担当の山本美和はマックフライポテトに使われるジャガイモは「大きいものだと30cmある」とぶっちゃけた。山本は遺伝子組み換えは使っていない、ラセットバーバンクという種類の大きいジャガイモがあると話した。潰して成型して長さを出しているという噂を否定した。

土田は「塩以外にヤバイ調味料を使っている?」という質問を選択した。山本は塩以外の味付けはしていない、粒の大きさにこだわった塩を使っていると話した。「ヤバイ油を使っている?」という質問に対して山本は植物油と牛脂をブレンドしてやみつきの味にしていると話した。「油は使いまわしている?」という質問に対し試験紙で1日1回酸化のチェックをしていると話した。石塚は「塩辛い時と味が薄い時があるのは何故?」という質問を選択した。山本は塩の量は全店統一されていると話したが、設楽は塩の入れ方に個人差がある、徹底して欲しいと話した。山本は謝罪した。

マックフライポテトの製造工程を紹介した。アメリカのポテト工場では世界各国で販売するポテトが製造される。ポテトの形を作るパイプの中には網目状のカッターがあり、通過するとポテトの形になる。色を判別するセンサーで変色がないかチェックし、穴の空いた装置で基準に満たないサイズのポテトを取り除く。小山は、ポテトは湯通しして、糖分を均一にするという。

マックフライポテトは工場とお店で2回揚げていて、それにより外はカリッと中はホクホクになるという。素揚げしたポテトは急速冷凍され、店舗に出荷される。店舗にはポテト専用フリーザーがあり、揚げる分だけのポテトが出て来る。ポテトが揚がるとタイマーをセットし、7分以上経過したポテトは廃棄処分される。塩は、瀬戸内海産の粒が大きめのものが使われていて、まろやかに感じるという。

堀内健がポテトが揚がる時になる音楽を作曲した人を尋ねると山本は、多くのお客サマから聞かれるが、分からないと話した。

チキンマックナゲット
山本は、現在世界の100以上の国と地域で販売されているチキンマックナゲットは「特製の天ぷら粉で揚げている」とぶっちゃけた。山本はナゲットはアメリカで誕生したが、日本の天ぷらがヒントになっているという。

スタジオにパネルが登場した。日村は「本当に中身は鶏肉だけ?」と質問した。山本は鶏肉だけで、ジューシーさを出すために鶏皮を入れていると話した。土田は「ナゲットに使う鶏肉の産地は?」と質問した。山本はタイとブラジルだと答えた。石塚は「なぜナゲットはあの形になっている?」と尋ねた。山本は形は4種類あり、楽しみながら食べてもらいたいと話した。平愛梨は「ソースが2種類しかないのはなぜ?」と質問した。山本は、以前は4種類販売していたと話した。

マクドナルドへの禁断の質問 チキンマックナゲット編

タイの工場を訪れた。鶏肉はベテランのスタッフは骨を取り除き、部位ごとにカットする。工場には緑色の作業服の人が点々としていて、床に落ちた肉などを回収しに行くスタッフ。小山は落とした肉は間違っても製品にされないよう、鍵付きのボックスに廃棄されると話した。ナゲットに使う天ぷら粉は長年研究したこだわりのものだという。油で揚げたナゲットがデコボコしているのはソースと絡みやすいようにしているのだという。

小山は揚げたナゲットはスチームオーブンで焼いているという。揚げる工程ではナゲットの表面をカリッとさせ、スチームオーブンでは中まで火を通しているという。完成したナゲットは、タイ政府公認の研究所で最終検査され店舗に届く。

山本は、明日までチキンマックナゲットが明日まで通常価格1140円が750円で提供されると宣伝した。

知って得するサービスの秘密

マクドナルド店長・今村千尋は日本マクドナルドのアルバイトは日本人の「約40人に1人が経験している」とぶっちゃけた。今村はマクドナルドは今年45周年で約300万人の人がアルバイトしているなどと話した。今村は、ハンバーガーに関して、「ケチャップ・マスタード・オニオン・ピクルス」は増量が可能だと話した。平が美味しい食べ方を聞くと、今村はポテトにマックシェイクを付けると美味しいと話した。マクドナルドでアルバイト経験のある保田圭は、オススメのアレンジを、チキンマックナゲットのソースはバーベキューとマスタードを混ぜていたと話した。今村は一番スマイルの注文が多いのは男子中学生だと話した。

オール・ジャパン・クルー・コンテスト

12万人のクルーから日本一を決める「オール・ジャパン・クルー・コンテスト」に密着した。全国大会は西日本・中日本・東日本の予選を勝ち抜いた代表48名が出場し、6つの部門を20分間実際に働き、その様子を審査員がチェックする。小島花菜が出場したのは「オーダーテイカーキャッシャー部門」。 本番終了後、審査員から総評が伝えられる。悔しさのあまり泣き出してしまうクルーも多い。小島花菜は優勝を果たした。

優秀者は時給が上がることはなく、モチベーション向上のために行われているという。しかし、2020年東京五輪の選手村で働くことが内定したという。

今村は、マクドナルドには実際の業務を体験できる「マックアドベンチャー」というサービスがあり幼稚園児から小学生を対象としてクルーのユニフォームを着てハンバーガーを作ったり、レジ打ちを体験できるという。

今村はこの冬一番のオススメは「グラタンコロッケバーガー」だと話した。スタジオに今年リニューアルされた「超グラコロ」が登場した。試食した石塚は、バターの風味がたまらないとコメントした。

スシロー VS すし銚子丸

スシローは売上高日本一の回転寿司店。安さと味の良さで回転寿司日本一となった。

すし銚子丸は関東を中心に92店舗を展開する回転寿司チェーン店で、最大の魅力は注文すると職人が目の前で握ってくれる点。

スシローの六角圭は、スシローがシャリに使っているお米は実は「1年以上前に収穫した古い米」とぶっちゃけた。

その理由を六角は新米だけのシャリは柔らかすぎて寿司のシャリに向かない、古米は乾燥しているため旨味成分が閉じ込められていると話した。すし銚子丸は、店で米を炊き、調整が可能なため新米も古米も使うと話した。すし銚子丸は米酢と赤酢をブレンドしたお酢がこだわりだという。

すし銚子丸の三浦光存は、1都3県に92店舗あるすし銚子丸は千葉県の銚子市に「お店は1店舗もない」とぶっちゃけた。三浦は千葉で商売を始めるにあたり、全国屈指の水揚げ量を誇る銚子の冠を頂いたという。しかし、魚は銚子から仕入れていると話した。一番人気のネタを聞かれたスシローの六角は「100円のまぐろ」と答えた。すし銚子丸の三浦は「本まぐろ」と答えた。

スシローとすし銚子丸のマグロを分析した。まずは産地。スシローのまぐろの産地は全世界、メバチマグロやキハダマグロを世界中から調達しているという。すし銚子丸のまぐろの産地は、九州の長崎や、メキシコ・地中海だという。銚子に関係ないと指摘されると、宣伝部長の本村公弘は「美味しけりゃいいんです」と返した。次に仕入れと加工法。すし銚子丸は築地のセリに参加し、年間の3~5割程度は生のまぐろを仕入れているという。

スシローは船上凍結されたまぐろを選別し、尻尾を切断すると断面を見ながら番号分けした。これは尾切り選別といい、尻尾の断面で色合い・鮮度などを選別する方法。赤色が濃く年輪が多いものが美味しい。冷凍マグロではすし銚子丸に負けてないかと指摘された六角は、出荷まで一度も解凍しないため鮮度は落ちないとした。最後にお店での仕込み。

スシローでは冷凍まぐろを人肌程度の塩水で解答するため、塩水の浸透圧の働きで旨味を逃さず回答される。すし銚子丸では生本まぐろが出荷されると、お客さんの目の前でさばき、握りたてを提供している。

スシローの野口清史はレーンの回転速度が若干速いとして、速いスピードで流れてくるものは心理学上取りたくなるためだとした。通が好む組み合わせを聞くと六角は、寒ブリやイカに粉末の緑茶と塩をかけると美味しい、うどんのスープにうなぎの残ったスープにうなぎの握りを入れるとひつまぶしになると話した。すし銚子丸の武知は板前に言ってもらえればネタに合わせて食べ方をオススメしてくれると話した。

スシロー一押しのいくらの製造過程を調査した。いくらの産地は北海道で、1級品のみを使用しているという。筋や皮を取り卵をほぐし、洗浄、濃度の高い塩水につける。鮮度が落ちたいくらは沈み、水面に浮かぶ新鮮ないくらだけを使用する。スシローは鮮度が高いいくらを店内漬けしている。スタジオで試食した設楽は、火がついちゃった、もっと食べたいと話した。

すし銚子丸はワラサを仕入れ、店内のショーケースへ並べられる。すし銚子丸では鮮度にこだわりその日一番美味しい鮮魚を提供している。金目鯛の握りがスタジオに登場した。試食した柴田は脂が乗っててうまいとコメントした。

イチオシサイドメニュー対決
すし銚子丸はイチオシサイドメニューの「白子のスープ」を紹介した。試食した石塚は液体オブザイヤーとコメントした。スシローはイチオシサイドメニューの「たっぷりマンゴーのふわとろパンケーキ」を紹介した。試食した土田はお寿司屋さんのデザートじゃないと話した。

ロイヤルホスト VS ガスト

ロイヤルホストとガストの人気メニューTOP5を徹底比較する。ロイヤルホストは、店舗の厨房でコックが料理する高級志向のファミレス。ガストの魅力は安さ。今年メニューを8割リニューアルした。すかいらーくレストランツ代表取締役の松本純男は去年8月番組に出演していて、当時はマネージングディレクターだったが社長に昇格した。

松本は実際にガストの人気メニュー「チーズINハンバーグ」は他社でもよく見かけるようになったと話した。樋上悦也はガストでも、某ファミレスのフレンチトーストを参考に開発したことがあると話した。松本はジョナサンのものを真似したと話した。ロイヤルホストは、他社の商品を見たり食べたりはするが、真似はしないと述べた。

出演者がガストとロイヤルホストの人気メニュートップ5を予想する。順位を1津当てる毎に5万円、トップ5全てを当てられたら30万円分のお食事券を視聴者にプレゼント。さらに、全問正解した場合、パネラーにもお食事券1万円分がプレゼントされる。

ガストの人気メニュートップ5を予想。土田が大まかな予想をした後、石塚・柴田・堀内らが話し合い決めた。5位は「1日分の野菜ベジ塩タンメン」で正解した。4位が「オムライスビーフシチューソース」で不正解だった。3位は「特製本格辛口チゲ」で正解した。2位は「山盛りポテトフライ」、1位「チーズINハンバーグ」で3つ正解させ15万円分の食事券をプレゼントすることになった。

大人気飲食チェーン 因縁のライバル対決SP
ロイヤルホスト VS ガスト

ロイヤルホストの人気メニュートップ5をパネラーが予想した。第5位は「オニオングラタンスープ」で正解した。第4位は「コスモドリア」で正解した。第3位は「食いしんぼうのシェフサラダ」で不正解、第2位は「ロイヤルオムライスハッシュドビーフソース」で不正解、第1位は「黒×黒ハンバーグ」で正解し、15万円分のお食事券を獲得した。

ハッピーターン VS 歌舞伎揚

ハッピーターンは1976年に発売され、癖になる独特な味付けで人気を博す。歌舞伎揚は1960年に発売され、甘じょっぱい味とさくさく食感で人気。亀田製菓の佐久間杏子は、「ハッピーターン」の秘密を誰も気づいていないと思いますがハッピーターンの包み紙は「全部で112種類ある」とぶっちゃけた。佐久間は1つ1つ、ハッピーターンのマスコットキャラクター・ターン王子の細かい設定が書いてあると述べた。

天野屋の矢野龍太郎は「歌舞伎揚」の秘密を、誰も気づいていないと思いますが歌舞伎揚には実は「家紋が入っている」とぶっちゃけた。矢野は1つ1つに歌舞伎にまつわる家紋を型押ししていると話した。実際にスタジオに歌舞伎揚が登場したが、パネラーは分からなかった。矢野は昔は固く揚げていたため見えていたが、柔らかく揚げるように変えて見えなくなったと話した。設楽はハッピーターンの粉と歌舞伎揚に怪しいものを使っていないかと質問したが、2社とも否定した。

ハッピーターンの製造工程を調査した。工場長の神林直也はもち米とうるち米のブレンドを使用し、甘みとさくさく感を引き出しているとした。乾燥させたハッピーターンには縦線が入っていて、これにより、パウダーの付着率が増加するという。これにより、売上は2倍になったという。焼きは約20mの巨大オーブンで行われ、お高温の鉄板で両面同時にはさみ焼きしている。味付けのハッピーパウダは特別な配合をしていて、未知。

歌舞伎揚の製造工程を調査。歌舞伎揚はうるち米のみを使用する。型抜きされた生地をみると、家紋が入っていた。家紋は全12種類で全て歌舞伎の屋号。その中で「三枡」と呼ばれる家紋があるため、四角いものも生産している。

国民的大ヒット商品 因縁のライバル対決!
ハッピーターン VS 歌舞伎揚

乾燥させた歌舞伎揚を油で揚げる。生地はどんどん膨らみお馴染みの歌舞伎揚の形になる。油は米から作られたもので香ばしく風味豊かになる。醤油は50年以上同じ醤油を使用している。醤油に3秒漬け余分な醤油を飛ばす。

村野和也は、歌舞伎揚について知られていないことを聞かれると、社名があまり知られていないと話した。

ハッピーターンと歌舞伎揚の中からそれぞれオススメの一品を食べ比べ。歌舞伎揚の「瑞夢えび味」を試食した原田は高級感もあると述べた。次に「HAPPY Turn’s リッチメルトタイプ ココナッツミルク」を試食した日村は真っ白、ビックリするぐらいスゴイ食感と話した。

森永乳業の「パルム」とグリコの「ジャイアントコーン」の製造工程を徹底比較する。パルムはバータイプアイス売上1位。ジャイアントコーンはコーンタイプアイス売上1位。パルムの秘密を森永乳業の孫田克史は「パルムのコクの深い味のヒミツはバニラアイスの中にマスカルポーネチーズを入れているから」とぶっちゃけた。孫田はバニラアイスは通常、牛乳や卵を素に作られるが、フレッシュで濃厚なマスカルポーネチーズを使っていると話した。

最初の工程は「バニラアイス作り」。バニラアイスは牛乳や卵を素に作られるが、パルムはマスカルポーネチーズが入っている。

国民的大ヒット商品 因縁のライバル対決!
パルム VS ジャイアントコーン

ジャイアントコーンのバニラアイスにはバターと水あめが入っている。次は仕上げの工程。パルムは、冷凍したバニラアイスをチョコレートでコーティングする。チョコレートは程よい苦味と酸味のあるくせのないシンプルなガーナ産のチョコを主に使用している。ジャイアントコーンは、パッケージにコーンをセットし、コーンの内側にチョコを吹きかける。バニラアイスがコーンに染みにくいようにしている。チョコの産地は企業秘密。ピーナッツはあめでコーティングされている。

パルムヒットのきっかけについて孫田は当初は苦戦したがCMで寺尾聰を起用すると、認知が広まったという。寺尾聰を起用した理由について孫田は、大人でも満足できる味わいで、男性に食べていただきたいというイメージにぴったり一致したためだとした。ジャイアントコーンのヒットのキッカケについて丸山祐輔はジャイアント馬場をCMに起用したからだとした。現在のCMは2007年から綾瀬はるかをずっと起用しているという。

パルムの新作「ヘーゼルナッツチョコ」を試食した。堀内はパルムはチョコが違うとコメントした。石塚は地球上の棒に刺さっているもので一番うまいとコメントした。ジャイアントコーンの新作「大人の苺生チョコ」を試食した。柴田は酸っぱくていい香りで美味しいとコメントした。

咖喱屋カレー・ボンカレーゴールド・銀座カリー

「咖喱屋カレー・ボンカレーゴールド・銀座カリー」の製造工程を比較する。大塚食品は世界初のレトルトカレー「ボンカレー」を発売した。明治 銀座カリーは銀座の洋食屋のカレーを再現したもの。ハウス食品の咖喱屋カレーは、本格的な味で大人気となり、17年連続レトルトカレーシェアナンバー1。大塚食品の中島千旭は、レトルト食品がココまで世間に浸透した理由は大塚食品がボンカレーを開発した時に「レトルトカレーの特許を取っていないから」とぶっちゃけた。中島は、ボンカレーは大塚食品のグループにある医薬品メーカーが持っていた点滴を殺菌する技術から生まれ、一説として先進的な技術は広めなければいけないという考え方からそうしたと言われているなどと話した。明治の藤本和英は、銀座カリーは昔大人気だった銀座カレーという商品を再現したのだが「開発者は誰一人そのカレーを食べたことがない」とぶっちゃけた。藤本は銀座カレーが発売されていたのが昭和初期だった、銀座のカレー屋を食べまわり想像して作ったと話した。そして、銀座の老舗の店主に食べてもらい、お墨付きを頂いたなどと話した。ハウス食品の船越一博は、ハウス食品のレトルトカレーの開発担当者は「有名フランス料理店で修行する」とぶっちゃけた。船越は、その修業制度の第一号だと話した。

国民的大ヒット商品 因縁のライバル対決!
咖喱屋カレー・ボンカレーゴールド・銀座カリー

3つのレトルトカレーの製造工程を徹底比較する。まずは野菜の違いを比較。咖喱屋カレーは野菜を四角く加工し冷凍したものを解凍しすぐに使用する。収穫後すぐに加工することで野菜の旨味を閉じ込める。ボンカレーゴールドは国産の野菜を使っていて、じゃがいもは手作業で芽を取る。茹でた後すぐに冷却することで煮崩れしにくくなる。銀座カリーは皮を剥いた玉ねぎをカットし、約60度の湯に漬け、シャキシャキの食感にする。ルウの違いを比較。ボンカレーは30種類上のスパイスや炒めたオニオン・トマトペースト・ホワイトルウを入れて、完成する。銀座カリーは香味野菜・牛骨・鶏ガラを半日煮込み、さらに牛肉・野菜をいれて数時間煮込む。こうすることでデミグラスソース風のカレーの味にする。咖喱屋カレーは、隠し味として味噌と醤油をいれてルウにコクを出す。

ガスト

ガストのスタッフが選んだ本当に美味しい一品は「超肉盛り!ワイルドプレート」。試食した出演者はソースが美味い、ハンバーグがお肉食べてる漢字などとコメントした。

ロイヤルホスト

ロイヤルホストスタッフが選んだ本当に美味しい一品は「海老と帆立のシーフードドリア」。試食したパネラーは、身がゴロゴロ、濃厚などとコメントした。