スポンサードリンク

動画Σアウト×デラックス「SMにハマりすぎた俳優」、「甘やかされ過ぎた竹下景子の息子」

スポンサードリンク

日本人の価値観に物申したい俳優

本日のゲストは「高嶋政宏」です。収録は始まるまえは、正統派俳優だと思っていたが、いざ始まってみると諸説あるSMの深い話を話しだした。

SMがヨーロッパの伝統文化であることを知り、どんどんSMの世界にハマった高嶋さん。もはや性統派俳優と言わんばかりに、 SMに関する話しを行った。これに対し、山里は「言ってる内容超ヤバイよ今日」と発言した。

日本人の価値観に物申したい俳優
SMの経験から 俳優業にメリットが!!

過去、SMの経験が俳優業に活きたことも。妻夫木さん主演の「スマグラーおまえの未来を運べ」で、拷問をする役を演じるため、陵辱の仕方を習った。他にも、いま放送している「キャリア~掟破りの警察署長~」などでも役立っている。SMの教祖・高嶋は「一つの言葉だけ思い出して欲しい。アナタだけじゃありません」。

とにかく褒められて育ったゆとり俳優
ゲスト紹介

とにかく褒められて育ったゆとり俳優「関口アナム」が登場。クイズダービーで「3択の女王」の異名をとり人気者となった竹下景子を母にもつがゆえ、度々いじられることも。マツコは「お母さんをリアルタイムで知らないから、こんな無責任な仕上がりになっちゃったんだなー」と発言した。

関口アナムの精神は、ご両親の育て方に問題が。両親は、息子のアナムを溺愛するあまり、過剰なほどに褒められるという。これに対し、矢部は「家族にイジられて」、マツコは「いい意味でも悪い意味でも純粋」とコメントした。両親がOAを見て褒める言葉を予想するときには、満面の笑が飛び出した。更に、マツコは「みんなお坊ちゃんを隠そうとするが、すごいオープンなのが潔い」、関口アナムは「なんならラッキーくらいの」周りを笑わせた。

サザエさんにどうしても勝ちたい男
ゲスト紹介

サザエさんに勝ちたい高木啓之です。登場のシーンでは、入り口でマイクが引っかかるトラブルに見舞われた。

高木さんは、サザエさん番組の最後にあるじゃんけんに勝ちたいと。すでにじゃんけんになってから25年がたつとし、高木さんはいままで25年間ずっとじゃんけんをし続けている。さらに、「データを蓄積、解析まで済んでいる」と述べた。

サザエさんじゃんけん、必勝法その1は「3連続同じ出が出る確率は低い」。最近の8年では、1度も3連続は出ていない。必勝法その2は「クールの初回放送はほとんどチョキ」。その3は「27時間テレビの日はほとんどチョキ」。その4は「観月ありさがじゃんけんを担当するときはチョキ」と必勝法を述べた。そんな高木さんは、最近いろいろな場所で取り上げられる機会が増え、サザエさんスタッフ側に何らかの対策がされている可能性。去年78%だった勝率が、54%に落ちたことを話した。