動画Σ池上彰のニュース2016総決算!今そこのある7つの危機を考える!ニッポンが危ない20161123

池上彰のニュース2016 総決算!ニッポンが”危ない”
脅威を増す”異常気象”

自然災害による住民への被害の大きさランキングで1位は東京・横浜。4位に大阪・神戸、6位に名古屋。今後10年間で予想される東京の損失額は約10兆円。2012年には九州北部豪雨、13年に伊豆大島、14年に広島で土石流が発生、去年は常総市で堤防決壊。全国にある市区町村で過去10年で一度でも水害があった自治体は1687/1742。

世界でも異常気象は発生している。1月ワシントンなどは大雪に見舞われ、3月ロシア北部で突風が発生、5月中国では洪水発生。インドでは51度を観測。パラグアイでは干ばつなどが起きている。また2012年にアリゾナ州でハブーブが発生、2015年にテキサス州でスーパーセルが見られた。世界を襲う異常気象は日本でも起こりうると言われる。異常気象の理由は地球温暖化。2016年上半期の世界の平均気温が観測史上最高を更新。温暖化加速の原因は北極圏に異変が起きていること。

 

地球温暖化により北極圏で北極海の氷が溶ける。それにより海水温が上昇、さらに永久凍土が溶けている。アラスカ州は60%が永久凍土と言われる。フェアバンクスでは永久凍土が溶け白樺の木が倒れていた。永久凍土が溶け出し道路が波打つなど市民生活にも影響が出ている。さらに被害は住宅にまで出ている。ロシア・シベリアでは永久凍土が溶け芝生がふかふかになっている。さらに驚きの光景が!

なぜ?温暖化で解ける大地

地球温暖化でロシア・シベリアでは永久凍土が崩落。シベリアでは他にも永久凍土が溶けて発生したとみられる巨大な穴が出現している。さらにメタンガスが発生。アラスカ州でもメタンガスが発見された。メタンガスは温暖化に影響を与えるという。

将来永久凍土の30%~85%が消失する恐れがある。発生するメタンガスは二酸化炭素の約25倍の温室効果がある。また今年8月にロシア北部の村で住人が炭疽菌に感染している。永久凍土が溶けて大昔の病原菌が出て来るおそれがある。

脅威を増す”異常気象”

このまま温暖化が進むと日本ではスーパー台風が発生すると考えられる。2014年メキシコのハリケーン「オディール」は最大風速57mで家を破戒する威力。またハイエンの最大瞬間風速は105m。2004年のハリケーン・チャーリーではガソリンスタンドが壊れた。ハリケーンの驚異は風と高潮。ハイエンでは死者・行方不明者約8000人の被害が出ている。ハリケーン・マシューでは多くの住宅が高潮で浸水、ハイチでは死者が1000人を超えている。

ハリケーン・マシューに匹敵するスーパー台風が日本に接近するようになっている。さらに温暖化の影響で海水温の上昇が続けば台風が最も強くなる地点が北上し最強台風が日本に接近する恐れが高まっている。

殺人生物ランキング1位は蚊。2014年は代々木公園での蚊の駆除がニュースとなった。ヒトスジシマカの生息域は年々気温上昇で上がっている。さらに年間43万人が死亡するマラリアを媒介する蚊が北までくるという。ランキング3位はヘビ、2位は人間。

加速する地球温暖化。2015年パリ協定が合意されたがトランプ氏はパリ協定からの離脱を表明している。

池上彰のニュース2016 ”巨大地震”日本が危ない

きのうマグニチュード7.4の地震が発生。宮城・多賀城市では川が逆流。津波警報が発令された。今年4月には熊本県を中心に2度震度7の地震が発生した。池上彰が指摘する新耐震基準の盲点とは。

地震時の行動チェック

地震時の行動チェック。熊本地震の特徴は家屋の倒壊。そこで「一戸建ての2階にいるときに地震発生。Aそのまま2階にいる、B出口に近い1階リビングに移動する」というチェックを出題。出演者が答えた。正解はA。熊本地震では1階部分の倒壊が多く見られた。

チェック2「長時間足を挟まれた知人を発見。Aそのままにして救助隊を待つ、B柱を持ち上げ助け出す」。答えはA。急に血流が戻ると毒素が巡り腎不全などを起こす可能性がある。

これまでの常識が通用しない

熊本地震では耐震基準を満たしている家が倒壊した。池上彰が耐震基準の変遷を説明。現在の強化新耐震基準が求めるレベルは震度5強程度の地震ではほとんど損傷しないなど。益城町では耐震基準を満たしていた319棟のうち19棟が甚大な被害に遭っている。倒壊原因の一つ直下率とは?

熊本地震でわかった問題「直下率」を池上彰が模型を使い解説。直下率は1階と2階の柱・壁の位置が同じもので、直下率が低いと倒壊しやすい。直下率は50~60%以上が望ましいが今の耐震基準には盛り込まれていない。

地震時行動チェック。「地震発生一時的に避難するなら?A公園など近くの広場に避難、B体育館など避難所を探す」。答えは…。