初対面でも日常の会話の中でも笑顔の人のほうが話しやすいですよね。
 
ではあなたの笑顔が相手からどのように思われているのか、分かりますか?
 
気になる点があったとしてもなかなか言いずらい事もありますよね。
 
直接的に言いにくくい場合は、機械を使ってみたらいいのではないか。そんなアイデアが実現したのがあの資生堂が開発した“笑顔測定アプリ”です。
 
 z384
 
 

ANA(日本航空)で試験運用を実施

 
2016年7月~10月末の間、日本航空の客室乗務員およそ5000人の協力のもと“笑顔測定アプリ”の試験運用が実施されました。出航前に、チーフの指示に従いアプリを使って顔エクササイズを行い、表情筋をほぐして接客力に磨きをかけたとの事です。
 

 
 

表情筋も筋肉です

 
スポーツにおいて、トレーニングを繰り返すことによって上達していくことは皆さん経験があると思います。勉強だって何度も読んだり書いたりしたことがあると思います。
 
笑顔を作るのが表情筋でその表情筋にこう動かせという命令を脳から送ることで笑顔が形成されます。では、その命令と命令を実行する筋肉のトレーニングをすればより良い笑顔になることができます。
 
 
 

現在アプリは改良中

 
資生堂は、試験運用の結果を踏まえてアプリを改良中とのこと。接客はもちろんのこと、試験前や面接前など緊張してしまう場面の前に笑顔の確認をすることで、心と体のリラックスになるのであればみんなに使ってもらいたいアプリになるのではないでしょうか。