「仕事に疲れた」

 

「生き辛さを感じた」

 

そんな時の『心のカフェ』として、一息ついてみませんか。

 

話題を無理して作らなくていい

 

初めてあった人。何度かお会いしているけどほどんど話をした事がない人。そんな人と一緒になった時に、何を話していいか分からなくて困った時はありませんか。

 

Japanese college students at lunch break

 

何か旬な話題があるのであればいいですが、そうでもない場合どうすれば良いのか困りますよね。

 

でも、無理して自分から話題作りをする必要はありません。

 

まずは、相手に質問をすることから始めましょう。

 

「私はあなたから学ぶことは何もない」という無言のメッセージ

質問をしないと言うことは、相手のことを知ろうという行動を取らないことになります。つまり、「私はあなたから学ぶことは何もない」という無言のメッセージを送ることになってしまっているのです。

 

「仕事ができる」とか「コミュニケーションが上手い」とか、具体的に何がどうなっているのか分かりにくいので、シンプルにどれだけの質問ができているのか、「回数」「内容」を観察してみてください。

 

ターゲットは、あなたの近くにいる「仕事ができる人」「コミュニケーションが上手い人」と「仕事ができない人」「コミュニケーションが下手な人」です。

 

なるべくその二人にばれないように、質問の「回数」「内容」をメモってみてください。

 

そうすることで、その二人が相手にどんな無言のメッセージを送っているのかを感じることができるようになります。

 

あなたが話しやすい相手は、どんな人ですか

話しやすい人がいて、話し難い人がいます。それは誰でもどんな人でも好きな人がいれば苦手な人がいるのと同様です。

 

自分の話を聞いてくれる人に対して「話しやすいな」と言う印象を持つのは、誰しも共通している感情です。

 

つまり、質問をする ⇒相手が話す ⇒話しやすいという気持ちになってくれる という流れです。

 

相手の様子をしっかりと見ながら、質問をしていってみましょうね。