【実話 感動する 泣ける話】私はいじめられっ子でした。

私はブサイクでした。
 
テストの点はいつも悪かった。
 
運動も苦手でした。
 
人から話しかけられても、なんて答えたらいいのか分からなかった。
 
それでも普通に学校に行っていました。
 
 

 
 
 
休み時間、分からない所があったから友達に聞いてみた。
 
「え、お前そんなことも分かんないの? バカじゃねーの。」
 
笑いながら向こうに行ってしまった。
 
 
 
体育の時間、チームに分かれてドッジボールをすることになった。
 
「うーわっ、お前と同じチームかよ。」
 
外野で最後まで一度もボールを触ることがなかった。
 
 
 
 
 
友達がいないわけではないけれど、自分と似たようなやつだった。
 
他に一緒に何かをやってくれるやつがいなかっただけだ。
 
休みの日は基本的に家で一人だった。
 
それでも高校に行って、
 
自分にとってはありきたりな日常を送っていた。
 
 
 
 
 
 
 
ある日、数学の宿題を家で解いていた。
 
1時間考えても分からなかった。
 
ちょっと休憩をしてからもう一度その問題を解こうとした。
 
やっぱり分からなかった。
 
 
 
今度は1時間ぐらい休憩してから、
 
もう一度その問題を解こうとした。
 
やっぱり分からない。
 
時間はもう夜中の0時になっていた。
 
でも、分からないままにするのが嫌だった。
 
 
 
「え、お前そんなことも分かんないの?」って
 
バカにされるのが嫌だった。
 
 
 
問題が解けた。
 
夜中2時を回っていた。
 
 
 
 
 
 
 
次の日「この問題が分かった人、手を挙げて」と先生が言った。
 
手を挙げたのは自分だけだった。
 
先生からものすごく褒められた。
 
 
 
 
 
数学の宿題は絶対に全部解いていくようにした。
 
夜中2時位までかかる時が何度もあった。
 
「もういいや」と思って、布団に転がる時もあった。
 
でも出来ないままで行くのが怖かったから、できるまで頑張った。
 
 
 
 
 
 
 
ある日、普段あまり話をしないやつから
 
「数学のノートちょっと見せて」と言われた。
 
ちょっとうれしかった。
 
誰かに頼られることがほとんどなかったから。
 
 
 
 
 
 
 
自分も人にお願いをすることができるようになった。
 
「ちょっとそれ見せて」
 
「ちょっと手伝ってくれる?」
 
それまで言ったことが無かった。
 
私はいじめられっ子でした。
 
人から頼ってもらえるような何かが必要なんだと思った。
 
そして自分も人を頼っていいんだと思った。
 
 
 
 
 
順番はどっちでもいい。
 
先に人を頼ってもいい。
 
その分、後で自分を頼ってきた人に返せばいい。
 
それはあなただからできるステキな贈り物だから。