今回紹介したサンプルの場合、変数xを用いて数字の1から99までを繰り返し表示させました。
 
数字ではなくて、「当たり」「はずれ」など、文字を表示させたい場合についてご紹介します。
 
===サンプル③===
Dim x As Integer
Dim stp1 As Boolean
 
Sub 文字列Start()
 
stp1 = False
 
Do
 
DoEvents
 
If stp1 = False Then
   
    For x = 1 To 2
    Worksheets(“Sheet1”).Cells(1, 1) = Worksheets(“Sheet2”).Cells(x, 1)
    Next
   
    x = x + 1
 
    If x = 2 Then
        x = 1
    End If
 
Else
Exit Do
   
End If
   
Loop
 
End Sub
===ここまで===
 
‘===サンプル②===
 
Sub Stop()
    stp1 = True
End Sub
 
‘===ここまで===
 
【準備】
“Sheet2″のA1セルに「当たり」
“Sheet2″のA2セルに「はずれ」
と入力しておく。
 
【結果】
“Sheet1″のA1セルに「当たり」と「はずれ」を
繰り返し表示させる事ができます。
 
もし、大吉、中吉、小吉、凶の様にさらに複数の文字列を使いたい場合は、
その分”Sheet2″のA1から複数のセルに文字を入力しておいて、
そのセルの数の分だけ下記の数字を置き換えればOKです。
〔変更前〕
    If x = 2 Then
〔変更後:セルの数が5の場合〕
    If x = 5 Then