【感動する話】「ダメなおかあさんでごめんね」

思春期の俺は、

普通とは違う母親がむかついて邪険に扱っていた

ひどいとは認めていたが、

生理的に許せなかった。

ある日

おふくろが危篤だと聞き急いで病院に駆け付けた