言えた言葉はそれだけでした。

「いってきます」

母は一瞬驚き、そして何度も「いってらっしゃい」と言ってくれました。

 

 

私はいったい何をしているのか

ボロボロになってまで私を育ててくれているあの人に、

私は何をうっとうしく思っているのかと

すさまじい後悔が私を襲いました。

 

 

 

 

気に入っていただけましたら、

いいね! シェアをしていただけると嬉しいです^^