【動画】1957年から増える宇宙ゴミ( スペースデブリ)の状況を分かりやすく映像化

『宇宙ゴミ( スペースデブリ)』と言う言葉を聞いたことはありますか?

y959

壊れたり使い終わった人工衛星、はがれ落ちたロケットの塗装など、宇宙空間にある人工物体を「宇宙ゴミ( スペースデブリ)」といいます。

宇宙ゴミは、なんと秒速8キロメートルもの速さで地球のまわりを回っています。

チリ程度のものから数メートルもある人工衛星までさまざまで、高度や進む方向がわかっているものが9000個、小さすぎてわからないものになると3万個以上もあるといわれています。

宇宙ゴミ( スペースデブリ)の問題

大きさ1センチの宇宙のゴミでもぶつかると、スピードを出して走っている自動車にぶつかったのと同じ位の衝撃になることもあり、宇宙ステーションなどに衝突すれば設備が破壊されたり乗員の生命に危険が及ぶ恐れがあるため、とても大きな問題になっています。

その宇宙ゴミがどれだけ増えているのか分かりやすくシュミレーションした映像がありますので是非ご覧ください。

スポンサードリンク

シェアする