セクシーなグラビアや言動で世の男性をたちを癒してきた壇蜜さんが、8月18日(火)の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に初登場します。  

 

グラビアのイメージが強く、本人がどのような人生を送ってきたのかあまり聞く機会はなかったと思いますが、今回は本人自身によって語られます。
 

 

大学では英語の教員免許を取得し、卒業後は和菓子店を開店するために調理師免許も取得。しかし、その店の出資者が急死してしまい、和菓子店の夢が敗れた直後「人間にとって死とは?」を真剣に考えるようになり、「遺体衛生保全士」になる決意をする。
 

 

これは損傷した遺体などに修復を施す仕事で、このために葬儀関連の専門学校に通い数々の免許を取り、しばらくは葬儀社で働いていたという。
 

 

そんな苦労を経験した彼女は、私生活においていくつか自分を律するためにしていることがあるんだとか。お酒は絶対に飲まない、華美な服装はしない、業界の中に友達はつくらない。

さいごに

 
数多いるグラビアの中で、男性のみならず女性をも魅了していると言われている所以はそんな独特の過去に隠されているのかもしれません。