【星の出会い】『月・金星・火星・木星』が大接近の天体ショー

2015年11月6,7,8日の3日間、明け方の空で『月・金星・火星・木星』が大接近する珍しい夜空を観測することができます。
どの天体も肉眼で見ることが可能です。
223
 
観測できるのは、日の出一時間程前(東京では5時頃)の東南東あたりの地平線近く。
特に7日は下から金星、火星、月、木星と最も惑星同士が接近した姿を見ることができます。
 
月以外では金星が最も明るく、マイナス4等星。木星が約マイナス2等級と他の星に比べ、かなり明るく観測しやすい状態。
金星と木星の近くには火星も見えていますが、マイナス等級の金星や木星に比べると、かなり控えめな輝きです。
プリント
ちなみに今回、見逃してしまうと次に大接近を観測できるのは、6年後とのこと。
 
早起きをして澄んだ空気を吸い込みながら、宇宙の神秘を観測すると気持ちいいかもしれませんね。
スポンサードリンク

シェアする